学校に通う意義の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校に通うに相応しい格好

新着情報

学校で定められた風紀について

一般的には多くの学校で、パーマやカラーリングに対する規制の基準があるかとおもいます。成績の優秀なところや伝統ある私学などになるほど、その基準も明確な印象です。生徒事態の意識も高く、あまり乱れた者も見ないですね。どれだけ良いところに通っていても、だらしなかったり過剰に派手な風貌をしていればその程度の人間だと判断されるでしょう。そしてその制服で通っているところ全体のイメージを下げるので、上位の学校ほど風紀管理に熱心になります。最近は異常に大人びた格好をした生徒もたくさんいますが、身分に相応しい清潔な格好がのぞましいものです。

風紀規定はどうなっているのか

今まで公立の小学校には髪型の規定がほとんどありませんでした。しかし最近、全国で髪型や服装に関する規定が新たに設けられる動きが活発化しています。ダンスブームなどにより、染髪する子どもが爆発的に増えたことや、「自由」をふりかざすモンスターペアレントが増えたことも原因の一つだと考えられます。学校の教師が親にも子にも、物事を強く言えなくなっている時代の流れもあるのでしょう。しかし金髪にピアスをジャラジャラぶら下げた児童が集団で廊下を闊歩している様は異常としか言いようがありません。作らなくてもいい風紀規定がだんだん増えて行くのは一体だれのどういった行動が原因なのか、一度親子で話し合う必要があるのではないでしょうか。