学校に通う意義の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校給食について知ろう

新着情報

学校給食の必要性とは

給食がある学校は、最近ではアレルギーを持つ生徒たちがひと昔前に比べて増加しましたので、かなり気を遣ってメニューを考えないといけない時代になりました。それでも日本の栄養バランスに優れていますし、集団で同じ釜の飯を食べる友人とのひとときの交流の場、そして家庭以外でのマナーを学ぶ場としても学校給食は大変な必要性があると言えます。やはり家庭では残念ながらその家族によって偏った食事しか出ない所もありますから偏食の子供を作りやすい点、また手作りの料理にありつけない生徒たちも出てくる昨今ですからますます必要性が高いでしょう。

日本の給食の歴史

1889年、山形県の私立忠愛小学校で食事を配ったのがその起源とされています。握り飯と漬物という簡単な内容ですが、費用が無料というのが驚きです。その後、各地で欠食児童のためのパンの支給が行われました。1930年代、給食臨時施設法が制定され、一部で実施されましたが、第2次大戦中に食料事情悪化のため中止されます。戦後、ララ物資や脱脂粉乳に象徴されるアメリカやユニセフからの援助物資によって完全に実行されるようになり、児童の健康増強に大いに役立ちました。。1954年学校給食法が制定され、教育の一環として位置づけられます。近年では地元の食材を積極的に取り入れたり、アレルギーを持つ児童に対応したメニューを作るなどきめの細かい対応がなされています。