学校に通う意義の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

過去の情報一覧

まずは学校に行ってみよう

学校はただ勉強をする場所ではありません。たしかにそれが本文であり主体であることは間違いがないのですが、集団行動を通して我慢や妥協などの社会に出てからの感情のコントロールなど、お金では買えない経験を得られる絶好の機会も与えてくれるのです。また、良い教師に出会うことで将来の進路を決めるきっかけを手に入れることもあるでしょう。勉強についていけないからと学校に行くことを諦めてしまうのは勿体無いです。友達にあって他愛のない話をすることで心が軽くなることも、みんなでわいわい問題を解くことで思わぬ回答法を思いつくこともあるでしょう。まずは登校しなければ何も変わらないのです。

通学の意味とは何か

私たちは学校へ通うことが当然になっています。義務教育である中学を卒業した後も、高校大学と進学しますよね。一番重要な目的は、勉強を習いに行くと言う事です。たとえば母国語である日本語の学習はもちろん、年齢が上がるに連れ英語や中国語などの多言語を習得していきます。歴史や経済を学ぶことにより、世界の情勢を読む力を身につけます。学校での勉強は大人になっても生かされていくのです。しかし、学習以外にも大切なものをたくさん学べる場所でもありますよね。クラスメートや部活仲間との出会いは一生の付き合いとなる場合もあるでしょう。通学中しか味わえない多くのことを経験しましょう。